捻挫からの復帰はリハビリから!

  • 2022年12月29日
  • 2022年12月29日
  • 足関節
  • 10view

捻挫からの復帰はリハビリから!

みなさんこんにちは!
BJ整骨院です(‘◇’)ゞ

足関節捻挫になってしまった場合、競技復帰するためには
リハビリが必要になってきます。
再発を予防するためにもとても重要になってきます。

捻挫をすると関節部分だけでなく、周りの筋肉にも影響がでてきます。
足関節の場合は特に腓骨筋と下腿三頭筋が緊張してしまいます。

腓骨筋は足を外反する働きがありますが
内反捻挫をした場合には腓骨筋が急激に引き伸ばされてしまいます。
筋肉は急激に引き伸ばされると、防御反応が起こり収縮してしまいます。
これを伸張反射と言います。

下腿三頭筋は地面を蹴り出す際に働きますが
捻挫の固定で上手く歩けないと、ずり足で歩くようになります。
そうすると下腿三頭筋使う機会が減りますので
下腿三頭筋自体も柔軟性を失ってしまいます。

伸張反射や長期間の固定により柔軟性を失った筋肉は
足関節の可動域制限の原因になります。
それなので硬くなった筋肉に対してのリハビリが非常に重要になります。

足関節のリハビリ

まずは足首を動かして関節の可動域を戻す動きから。

ギャザートレーニング

足関節の最新記事8件