ランニングは身体に悪い?

みなさんこんにちは。

まず結果から言わせてもらうと時間や強度によります。
ランニングは長ければ長いほど良いと思いがちですが、有酸素運動を45分以上続けると
カラダは酸化物質を発生させます。これによりカラダはサビ、酸化し、老化してしまいます。
でも、アスリートやマラソン選手たちは長い時間有酸素運動を行いますよね?

実は酸化物質の発生は、習慣化又は、食事により抑えることができるのです。
運動を習慣化している人は、運動を月に1、2回の人と比べると、酸化物質が増えにくくなるのです。
又、アスリートは食事をしっかり摂ることによって強靭な体を維持しています。

長野市整体・整骨・マッサージ・はりきゅう
トレーニング、身体のメンテナンスでお悩みなら
BJグループ各院まで。・

スタッフ便りの最新記事8件