特集第2弾! 種子骨炎第二回 「ストレッチでは治らない種子骨炎」

  • 2022年11月23日
  • 2022年11月24日
  • 下腿部
  • 6view

みなさんこんにちは!
BJ整骨院です(‘◇’)ゞ

特集種子骨炎第二回目
【ストレッチでは治らない種子骨炎】

について解説していきますね。

種子骨炎になってしまった人のなかには
「なかなか治らない」
「再発しやすい」
「足のストレッチはしてるのに・・・」
なんて悩む方も多いのではないでしょうか?

種子骨炎はとても治りづらい症状の一つで
しっかりと根本から解決しなければ
痛みが長引いてしまいます。

ではその根本的な原因はどなのか?

それは・・・
・偏平足とハイアーチ
この二つが大きな要因となっています( ゚Д゚)
特にハイアーチの状態は種子骨に負荷がかかりやすいので要注意!!

↓↓↓↓↓↓

「偏平足とハイアーチ」

偏平足とは
足の縦アーチが崩れてしまい、土踏まずがなくなってしまった状態

ハイアーチとは
偏平足とは逆にアーチが強すぎて、土踏まずが過剰に反ってしまっている状態

扁平足・ハイアーチともに
足裏のバネがうまく使えない状態で
偏平足 → 足のバネが緩んでいる
ハイアーチ → 足のバネが硬い
真逆の状態ですが足のバネが使えていないという点では同じです。

特にハイアーチの状態だと踏み込み動作時に
足のアーチが機能せず、うまく衝撃吸収ができません。
すると足裏、とくに種子骨に大きな負荷がかかります。
この状態で運動などを続けると、種子骨炎になってしまったり
症状が悪化してしまいます。

予防するには足を延ばすストレッチだけでは
十分に足裏をほぐす事ができないため
しっかりと足裏の腱膜や足首の動きをつけてあげるのが
一番の治療になります。

次回は
【超簡単種子骨炎解消法】
についてお伝えさせて頂きますね(^^♪